HOME / 戻る / レビュー投稿

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス
発売元 任天堂
公式サイト
総合点 【B】 / 72点
開発元 - 難易度 1.76点
発売日 2006/12/02 プレイ人数 1〜4人
価格 6800円 CERO 全年齢対象
ジャンル アクションアドベンチャー メモリーカード 4ブロック
備考 任天堂オンライン限定販売
他機種レビュー / 【Wii】
【 (Wii版)Amazonレビューも参考にどうぞ 】
【項目別評価点】
オリジナリティー グラフィックス 音楽 熱中度 満足感 快適さ
3.3点 4.4点 3.6点 3.5点 3.7点 3.5点
【分布グラフ】 【詳細評価】
比率
(%)
0%
0%
0%
0%
5%
11%
19%
30%
24%
11%
得点 〜9 10-19 20-29 30-39 40-49 50-59 60-69 70-79 80-89 90〜
標準偏差 13.69
基準以上 83.8%
点数範囲 59〜87点
プレイ時間 クリア
40時間以上50時間未満


グラフィックが神。
壁などがよく描き込まれている。GCでもここまでできるのかと驚いた。

音楽、効果音の作りこみが半端じゃ無い。

箱庭感がある。

アクション部分とダンジョンの完成度が高い。
ボス戦の演出が楽しい。
チャンバラが燃える。

操作性がいい。

何より止め時が見つからない。


初心者のために序盤にチュートリアルがあるが
これでは初心者は一気にいろいろなことを要求されて混乱すると思う。
逆に経験者には長くてめんどくさいだけの内容。
もっと上手い方法は無かったのだろうか。

序盤が一番難しく後半になるにつれて簡単になっていく。
ボスの攻撃力が低すぎる。

序盤にお使いイベント多過ぎ。逆に中盤以降は淡白過ぎ。
ストーリーを重視するのはいいが誘導的なので寄り道する気が起きない。
ムービーが長い。
一部イベントでプレイヤーが置いてけぼりにされているように感じる時がある。

消化不足の要素が多い。特に狼、一部アイテム、ゼルダ、トアル村全般

ルピーの使い道が無さ過ぎる。

昼夜の操作ができない?

旧作のネタの二番煎じの部分がかなり多い(意識して入れているとは思うが)。

時間を忘れるぐらい面白いです。
1周でお腹一杯になりましたが。

不満点がかなり多いので次回作で改善して欲しいと思います。
をを さん [2008/02/17 掲載]
プレイ時間 クリア
60時間以上100時間未満


 グラフィックはもきれいで、洗礼されているのは、もはやいうまでもないでしょう。とはいえ5点、いちいち拡大して、立ち止まって見ると、『そんなところまで!?』と、驚きます(驚かされるとでもいいますか)
 
 前半のつくりの凝っている点、ボスとの戦いの新しい形式は、よかったと思います。


 満足度、・・・グラフィックが本当にきれいなのですが、果たしてそれを100パーセント堪能できる人はどれくらいいるのでしょうか?
 正直、任天堂のホームページの、対談のページを見なくては気づかないところが、いくらでもあります。任天堂も、そういうことを後々からホームページで言うってことは、そこまで見てね(見ろよ)ってことですよね。
 そのせいで、げんなりです。ただその分グラフィックは本当にすごいんですが・・・。

 3Dを生かした謎解きが、あまりあらず、3Dを演出にしか使っていない。3D=面白い、ってわけではないことは承知の上ですが、それをつくりすらしないのは、クリエーターとして(発展を目的とするメディア)どうなのかと。

 快適さですが、リンクは、かなり微妙な方向にまでジャンプするので、間違った方向に飛んでいったり、狼は、飛び掛り攻撃が主なのでこれまた違ったほうに飛びます。それに加えて、底なし床の類が多いので、ストレスにつながります。
 その他として、やたらリアルになったので、そこからくるイライラ(ボートの動き、馬の操作法、重たいものを使うとき、ツタを上るとき)がおおいです。そのせいで、間接的に難易度があがります。理不尽。

基本的には、いいゲームだと思う、思うのですが、(間・・・)なんだろうなぁ、ダンジョンの構成とか、アクション性、ボスとの戦い等、ゼルダじゃない気がします。面白いんですが、・・・、ほかのゲームのような感覚、底なし床が多かったり、アクションのためのアイテム等、ロックマンとか、ラチェットアンドクランクとかの感じ。

 それと、攻略本がなくても、すべてできちゃうんですよね、ハートのかけら、ゴースト集めとか。そこも、ちょっとマイナスだなぁ。
AKFT さん [2008/02/17 掲載]
プレイ時間 クリア
40時間以上50時間未満


・映像がまあまあ綺麗(次世代機が出てしまったため)
・初心者に親切すぎるほどの設定
・初心者にとってはやり応えのある難易度


・これはゼルダだと思わせる様なBGMが終盤のダンジョンにしか存在しない為(個人的にはそう思いました)それまでは別のゲームのように感じる。
・ダンジョンなどでミドナが効果音とともに頻繁に出てくるので鬱陶しい(テンポが悪い)
・世界観が暗すぎる、フィールドは広いのに狭く感じる一本道なストーリー
・ゼルダにこんなストーリーは必要ない。
・時のオカリナでサブゲームだったもの(蜘蛛集め)採集系がメインに組み込まれていて面倒なのに、サブにも同じような採集系ばかり。
・新しいアイテムが手に入っても、それを使って意外な場所へ行くという楽しみがほとんど無い、あっても単純なものでつまらない。
・宝箱の中身がルピーばかり
・序盤が特にダル過ぎるため、序盤で手を付けなくなる可能性がある
・あれもう終わり?という感じのボリューム
・謎解きがゼルダらしくなく甘すぎる、もっとシビアな操作での謎解きがあれば達成感があったのに
・相棒の存在感が強い、ストーリー上仕方が無いが…

時オカが楽しめた自分には正直期待はずれの内容でした。
序盤からミドナ頼りで行けない場所にもすいすい行けたり、犬で穴掘りなど
出来ることが多いため、チェーンなどのアイテムをとっても達成感や楽しみが薄い。序盤は殆ど何も出来ないリンクのが好ましい。
ゼルダにはややこしいストーリー展開、操作説明は要りません。
初心者に親切すぎるのと暗い物語、狼の時の画面の視界が狭い、一本道、
それが嫌で序盤で一度やめましたが通販で6000円も出して買ったので悔しくなりクリアしました。

最後に:こんな出来にがっかりしました。残念!
団子蟲 さん [2007/11/10 掲載]
プレイ時間 クリア
60時間以上100時間未満


○グラフィック
 素晴らしいです。光を反射する水、まぶしい太陽、青い空…
 空気の匂いや温度が伝わってきそうな程、世界が作りこまれています。
 風景を眺めたり、世界の空気を感じているのが一番楽しいと思える程です

○操作性
 視点操作、アクション操作には一切不満がありません。非常にスムーズ

○ダンジョン
 謎解きは面白いです。
 今まで解らなかった謎が解けた時の爽快感はたまりません。

○音楽
 ゼルダ音楽の良いところは「音楽が効果音的」なところ。うるさ過ぎず
 控えめ過ぎず。世界観や空気を演出します。

○騎馬戦
 この新要素は燃えました。今までのシリーズは馬上は無敵だったのですが
 今作は馬上でも緊張感があります。


○物語り
 お使いさせられてる感や一部整合性が取れていなかったり、説明不足で
 意味不明や疑問が浮かぶ事が多々。これが一番不満でした。

○登場人物
 皆、魅力的は人ばかり。なのに掘下げ不足で魅力半減。
 非常に勿体なかったです。特にゼルダ姫が…

○ダンジョン
 シリーズ通してやっているとマンネリを感じると思います。

○システム
 記録が3つしか作れない。記録を引き継いでの2周目がない。

○難易度
 コレは仕方ないんですが、シリーズ通してやっている人には低く、
 初めての人には高いという評価の難しいものになってます。

○後半の失速
 前半が丁寧すぎるので余計に後半の雑さが目立ちました。

作品としては間違いなく名作と言っていい出来なのでしょう。
でも「こうだったら良かった」「ああだったら良かった」という要素が目立ちすぎます。良作以上名作未満と感じたというのが正直な意見です。
間違いなく面白いのに全てにおいてひと味足りない感じでした。
次回作あるなら多少雑でも、もっと全体を均一に作って欲しいです。
部分部分でムラがあるより全体が統一されていた方が
多少雑でも粗は気になりませんから。
私は不満点も多いですが、安定していて楽しめる作品であることは
間違いないので興味ある人は買って損はないでしょう。
燕 さん [2007/11/04 掲載]
プレイ時間 クリア
40時間以上50時間未満


○グラフィック
 素晴らしいです。光を反射する水、まぶしい太陽、青い空…
 空気の匂いや温度が伝わってきそうな程、世界が作りこまれています。
 風景を眺めたり、世界の空気を感じているのが一番楽しいと思える程です

○操作性
 視点操作、アクション操作には一切不満がありません。非常にスムーズ

○ダンジョン
 謎解きは面白いです。
 今まで解らなかった謎が解けた時の爽快感はたまりません。

○音楽
 ゼルダ音楽の良いところは「音楽が効果音的」なところ。うるさ過ぎず
 控えめ過ぎず。世界観や空気を演出します。

○騎馬戦
 この新要素は燃えました。今までのシリーズは馬上は無敵だったのですが
 今作は馬上でも緊張感があります。


○物語り
 お使いさせられてる感や一部整合性が取れていなかったり、説明不足で
 意味不明や疑問が浮かぶ事が多々。これが一番不満でした。

○登場人物
 皆、魅力的は人ばかり。なのに掘下げ不足で魅力半減。
 非常に勿体なかったです。特にゼルダ姫が…

○ダンジョン
 シリーズ通してやっているとマンネリを感じると思います。

○システム
 記録が3つしか作れない。記録を引き継いでの2周目がない。

○難易度
 コレは仕方ないんですが、シリーズ通してやっている人には低く、
 初めての人には高いという評価の難しいものになってます。

○後半の失速
 前半が丁寧すぎるので余計に後半の雑さが目立ちました。

作品としては間違いなく名作と言っていい出来なのでしょう。
でも「こうだったら良かった」「ああだったら良かった」という要素が目立ちすぎます。良作以上名作未満と感じたというのが正直な意見です。
間違いなく面白いのに全てにおいてひと味足りない感じでした。
次回作あるなら多少雑でも、もっと全体を均一に作って欲しいです。
部分部分でムラがあるより全体が統一されていた方が
多少雑でも粗は気になりませんから。
私は不満点も多いですが、安定していて楽しめる作品であることは
間違いないので興味ある人は買って損はないでしょう。
leaf さん [2007/11/04 掲載]
プレイ時間 クリア
40時間以上50時間未満


まず、グラフィック。
アニメなゼルダもそれはそれでOK派ですが、
こっちもいいです。

全体的に、難易度は高くないので、
初心者でもサクサクとまではいかないにしても、
がんばれば、ちゃんとクリアできると思います。


ストーリー進行が、一本調子だったかな。

アイテムを駆使する、応用するという使い方がなかったかな。

オオカミモードがめんどくさいかった。

世界観が多少暗かった(ま、しょうがないけど)。
町だけが、なぜか明るく華やかだった。

そこそこのおもしろさだったけど、
2週目、2回目のプレイは、
クリア後から3ヶ月以上経つけど、いまだに思わないかも・・・。
2週目も考慮してほしかった。

ゼルダについては、
新作がでるたびにつねにつきまとう、
「過去の作品」との対比。

時オカやムラジュはおもしろかったけど、
だからといって、
いつまでもそれをひっぱっるのもどうかと。

これはこれで、1つのゼルダとしておもしろかった。
ゼルダじゃなかったら、もっと点数高いかもしれないけど・・・。

開発が中途半端だったかも。
最終的にwiiにもあわせちゃって。
GC1本でいってもよかったんじゃないのかなぁ。
wiiの目玉にしたかったんだろうけど、
いまのニンテンドーのウリって、
脳トレとかそっちの方だし(いまさらだけど)。
ラーメン さん [2007/09/07 掲載]
プレイ時間 クリア
60時間以上100時間未満


まずなにより嬉しかったのは発売前から一番期待していたエポナ関連の進化がよかったこと、
走っていて非常に爽快感があり私なんかは平原を走っているだけで何時間か過ごしました。
またエポナ上で剣をふれるようになったのは非常によかった点です。

・グラフィック
 やはりwii版もあるだけあって奇麗ですね、霧の演出や水の表現は素晴らしいと思いました。
 主観視点にすると数分間は見ているだけで時間が過ぎます。
・フィールド
 とてもスケールが大きく、早くなったエポナで走っても端から端まで時間がかかるほど広いです。
 やはり平原はこれくらい大きい方がいいなと感じました。
 また音楽も非常によく、初めて平原に飛び出したときは目の前に広がる平原の広さと相まって胸が高鳴りました
・アイテムの選択欄
 アイテムの選択がしやすくなったのは思いのほかよかったです。
 いままでの作品でもアイテム選択はそれほど苦にはならなかったのですが、実際変わってみると快適さに驚きました。
・新アイテム「スピナー」
 他のアイテムが今までの作品とかぶっているものが多かった中、明らかに異彩を放っていたスピナーと出会った時は嬉しかったです。
 このアイテムはどんな使い方をするのだろうと考えたり、このアイテムで敵を攻撃したらどのくらいの威力なのだろうと試したりと
 新アイテムならではの楽しみがありました。
・ロードの短さ
 これはゲーム内容とは関係ないですが、ロード時間はかなり短いものでストレスは全く感じませんでした。


×難易度が簡単
 最近のゲームは何かと軟弱な設定にしてありますが、ゼルダも類にもれず簡単でした。
 ダンジョンの謎はそれほど頭を捻らなければならないものは無く、最初に思いついたことを実行すれば大抵成功します。
 (ただこれは今までのゼルダシリーズと似た仕掛けが多く、ある意味一度やったことがある仕掛けをもう一度解いているようなものだからかも知れません
 また3Dなマップが少なく(見た目の問題ではないです)2Dの世界を3Dの視点にしてみましたてきなものが多かったです。
×敵が弱すぎる点
 闘っていて緊張感のある相手がいませんでした、横っ跳びやバック宙の性能が落ちかわしにくくなり、盾もオートで構えて先頭の駆け引きが大きく減った感じです。
 奥義も正直全くいらなかったです「簡単操作でド派手なアクション」みたいなのはあまり持ち込まないで欲しいものです、
 地味でも時オカの時のような横っ跳びやジャンプ斬りを駆使した剣と盾の駆け引きを楽しみたいと強く思いました。
×寄り道の大幅な減少
 これはアクションRPGとしては妥当な量なのかもしれませんが「ゼルダ」としてはものすごく物足りなく思いました。
 毎回はまれるゲームが多いミニゲームは今回ほとんど皆無で「お、ちょっとおもしろいなぁ」と思ったすもうなんかはたった数回しかできません。
 私的にはエポナ周りのミニゲームを非常に楽しみにしていたんですが、流鏑馬はおろかレースすらありませんでした。
 時オカの時の流鏑馬やエポナレースの進化版を期待していただけにショックは大きかったです。
 また相手も動物に乗って戦えるフィールドが一つしかなく、わざわざそこまで出向いてもいつも同じ敵としか戦えないところが残念でした。
 ハートのかけらも4分割から5分割にしたとのことで発売当初はサブイベントの大幅な増大を期待していたのですが、
 実際にはダンジョン内に何の捻りもなく置いてあったり簡単な仕掛けを解くだけで拾えたりと何のために増やしたのか分からないような無駄さがありました。
×音楽・地名の使いまわし
 これはファンとしてはにやりとする点も多く一概に悪い点とは言えませんが、やはり使いまわしばかりではなくオリジナルも欲しいところでした。
 もちろんオリジナルも多数あるということは分かっていますが、やはり旧作の曲・地名が目立つほど多かったです。
 またこれは使い回しとは関係ないことですが、画像は奇麗ですが空気を感じられませんでした、
 ただこれは時のオカリナやムジュラの仮面が上手くいきすぎていただけで、最新作にこれを求めるのは酷かもしれません。
×狼関連
 肝心な新システムの狼ですが、本当につまらないです。
 守備はおろか回避すらろくにできないため殴り続ける形が続いてしまいます、
 途中から(かなり序盤ですが)ザコ的なら一掃できてしまう必殺技のようなものも手に入りホントにつまらないものとなります。
 終盤は移動にすら使わず結局意味があったのか不明です。
×新アイテムがほとんどない点
 これまた使い回しが多く目立った新アイテムは数個でした。おまけにそれらも手に入れたダンジョンでしか使い道がなく残念です。
 古い物を削って欲しいというわけではないですが、さすがにもう少し目新しい要素が欲しい所です。
×キャラのインパクト
 キャラ一人一人のインパクトが薄く且つキャラの登場人数が少ないです。
 風のタクト、ムジュラの仮面の心に残る濃いキャラ達を思い出して作ってほしかったです。

あくまで個人的な意見ですが私的にはイマイチでした。なにより簡単ですし、音楽、フィールドなどあらゆる面で心に響いてくるところはありませんでした。
これを他のゼルダ作品と比べなければこれほどイマイチだと思わなかったかもしれませんが、もし私の初プレイゼルダがこの作品だったらこれほどゼルダの虜にならなかったでしょう。
比べなければいいと思われるかもしれませんが、やはりゼルダのファン方は気にしてしまうでしょうし比べてしまうところです。
ただ酷評はしましたが普通の作品としては十分面白いので、他のゼルダと比べられないこれからゼルダをはじめる方にはちょうどいいと思います。
塩化ナトリウム さん [2007/07/18 掲載]
プレイ時間 クリア
50時間以上60時間未満


GC最高クラスのグラフィック。
すべてが非常に美しい。
奥義等のおかげで戦闘がパワーアップしている。
ダンジョンの数も多く、難易度も丁度良い。
ハイラル平原を筆頭に音楽のできも良かった。


Wii版と比較すると操作に面白みがない。
威力のある回転斬りに使用制限があるWii版に対し、
GC版は無制限なので戦闘の難易度は下がっている。
アイテムのセットできる数も2個しかないので入れ替えが面倒だと感じた。

作品の出来自体は良いが、
Wii版がある以上わざわざGC版を買う必要性は感じない。
買うならWii版のほうが良い。
風 さん [2007/07/18 掲載]
プレイ時間 クリア
50時間以上60時間未満


・グラフィックが大きく進化し、「風のタクト」のようなアニメ調ではない
リアルで格好いいリンク。背景も進化。
・技のバリエーションが増え、違った楽しみ方ができる。
・ストーリー性が抜群で、今までにない感動のエンディングがある。


・ダンジョンが難しく複雑で、初心者は困惑するはず。
・ボスが弱く、爽快感がない。
・獣状態でのアクションが序盤だけ。というのは惜しい

全体てきに良作だと思います。
ゼルダシリーズの名を継ぐだけあります。
が、12歳以上対象という記載もあり、ダンジョンが難しかったり
今までのゼルダにない怖さがあります(ムジュラ以上に)
ただ、グラフィックや音楽は壮大で、美しいものばかりなので、
やってみる価値は十分にあります
トンカツ さん [2007/07/18 掲載]
プレイ時間 クリア
50時間以上60時間未満


ゲームキューブにしては、グラフィックがとても綺麗。
馬の挙動がリアル。


画面が暗くなる場所ではかなり見にくい。
また明るい場所では画面がちらつく。
ゼルダ姫やガノンドロフの影が薄い。
全体的に、ボスが弱い。
音楽は過去のアレンジが多く、新鮮さが無い。
アイテムが使い捨てのものが多い(特に、中盤)
注目完全封印ができない。
神殿を攻略する順番が完全に決まっていて、
自由度が低い。

本家ゼルダで非常に期待していた割には微妙でした。
時オカの足元にも及びません。
次回作に期待します。
大三元 さん [2007/07/18 掲載]
プレイ時間 クリア
20時間以上30時間未満


・画像が素晴らしい!始める時にしばらく映像を見ていれば特典映像が見れる。キャラクター自身の動きも繊細で良い。
・ダンジョンに新しい武器があってそれを集めるのが楽しい。それを使ってダンジョンをタンタンと進む快適さがある。
・敵もバシュバシュ蹴散らしていけるのはすんげぇ快適。時々面倒なのもいたけど。とにかく戦闘が楽しい。
・音楽は結構良い。気に入る曲が少なくとも一つくらいは見つかるのでは?
・奥義を覚えるのが楽しい&嬉しい。
・オオカミになると見えないものが見える。道を辿るのが楽、でも基本は馬か歩き。馬は超楽。


・ボスが弱い。Wiiの方が難しいらしい。一度倒し方がわかったらそれの繰り返しだった。
・ルピーの多さ。ダンジョンにルピーが多すぎ。300までしか入らないのが気にくわない。街でいざ必要になった時無いとすごい困る。
・トワイライトでいちいちオオカミになるのは面倒だった。後半はたいてい移動しか使わない。
・ミドナが時々役に立たない。進み方がわかんなくなっても同じ事を繰り返すだけ。マジでわかんないときどーすんねん。
・剣やりまくると変なとこ行く。え、ちょっどこいくの?みたいな。

今友達に借りてるんですけど、これはハマル!やってない人はぜひぜひオススメなんでやってみて下さい。どんどん進むんで飽きはあまり来ない(ハズ
とにかく良かったです
zero さん [2007/05/20 掲載]
プレイ時間 クリア
20時間以上30時間未満


ボス戦の迫力は相変わらずすばらしい!でかいボス大好きです。

ダンジョンも「時のオカリナ」並に増えたので満足です。


ボスが弱い・・・あの迫力に対してあの弱さはなんだよ。

あとお金。「風のタクト」ではお金のつかいどころがたくさんありましたが、今作ではさほどお金に必要性がない。にも関わらずたくさん手に入ります、いらいら。
宝箱が多すぎます、しかも中身がお金(ごみ)。宝箱って少ないからこそ見つけたとき嬉しいものだと思いませんか。

「ワンダと巨像」をやった後だからか馬の動きがうそくさい。

総合的に見て、僕としては「風のタクト」の方がおもしろく感じました。
しかし、「ゼルダの伝説」は基本的にとてもおもしろいゲームなので、最後まで進める持続性は十分にあります。
サン さん [2007/05/20 掲載]
プレイ時間 クリア
10時間以上20時間未満


3Dゼルダ第4作目
新しいゼルダは楽しいぞ。リアルになってるし、音楽もすごい。
リンクかっこいい!!


・ボスが若干弱い
・マップ画面を開こうと思ったけど、勝手にアイテム画面に切り替わってしまう
・昔にあった操作が一部お馴染みじゃない(注目すると、盾を自動的とか、アイテムを2つしか使えない)
・湖底の神殿が難しすぎ
・城下町の人が従来より多すぎる。

時のオカリナから始め9年。
3Dゼルダは最高だ。
リンクは最強の武器を手に入れ、強くなる。
シリーズは3Dだけ体験。

初心者、未体験の方は是非、遊ぼう。
Borudo さん [2007/04/15 掲載]
プレイ時間 クリア
60時間以上100時間未満


G:グラフィック等は文句の付け所がないでしょう
ハイリア湖の美しい景観が絶品物です
最近のゲームはその世界がどっかに存在するのではないかと思うほど
リアルで綺麗なのでトワプリもそんな超グラフィック大作物の一つです
S:操作性も多少好みが分かれると思いますが基本トキオカから
変ってないのでやり難くはないです。
O:やはり家庭機で新作ゼルダが遊べるところでしょうファンならやらなきゃ駄目ですよ

G:グラフィック S:操作性 O:オリジナルせいなど


N:難度ですが風のタクトより少し難しいだけです
ただ進めや進めの繰返しですので作業間は否めません
ですが構成はトキオカライクなので問題ないです
ダンジョン等は長さ広さ共に良いのですが
敵がいかんせんただ居るだけです
敵等はまだ良いのですがボスが弱過ぎるのではないかと思います
あれでは は〜やっとクリア〜したみたいな達成感は有りません
ゼルダは難しいという程のシリーズでもないですがこれは少し
簡単にし過ぎた様な気がしました
時のオカリナより更に上を行くみたいなのを期待してた人は機体を裏切る結果な物です
あと村等が黄昏状態の時見辛いのが残念です 画質調整機能など
設けて欲しかったです

ゼルダってタイトルで出ていれば有るのはゼルダなのです
位置的にトキオカ2みたいな感じで捉えられると思います
やって損などはないです
かの勇者リンクさんは基本左利きなのでwii版はミラーモードらしいので
こっちのが正しい向きです
素晴しい出来なので作者様方には感謝しましょう
我等がハイリアに栄光あれ〜
部長お先です さん [2007/04/06 掲載]
プレイ時間 クリア
30時間以上40時間未満


・グラフィックは個人的にはこれで十分。
・完成度が高く、よく作り込まれている。


・ボスが弱すぎ、ボス戦だけ違うゲーム。
・音楽は良い曲もあったがほとんど印象に残らなかった。
・全体的にもう少し難易度を上げてほしかった。
・狼パート(特に雫集め)はよけいだと思った。

クリアまではすごく楽しめたが、物足りなかった。
狼パートのせいで二週目をやる気がおきなかった。
メンZY さん [2007/04/06 掲載]
プレイ時間 クリア
50時間以上60時間未満


・次世代機を経験した事の無い自分の中で最高峰のグラフィック
・独創性溢れるさまざまな戦闘、そしてボス戦が面白すぎる
・広大な世界を馬で駆け回る楽しさ、まさに大作
・というか乗馬楽しすぎ
・というか戦闘も面白すぎ
・ダンジョンと謎解きの楽しさ
・魅力あるキャラクタにツンデレガイド
・豊富なミニゲーム
・ロードも気にならずサクサク進める爽快感
・ダンジョンもタクトより増えて良い感じのボリュームアップ
・環境音楽もピッタリでボス戦でチャンスになると音楽が変わる演出最高
・アイテムも増えて謎解きの幅が広がる
・実に楽しい一週間だった


・ストーリーにやや矛盾が生じている
・処理落ちがたまにある
・城下町の固定視点は嫌でした
・ラストの続きが見たかった

大満足のソフトでした
GC有終の美を見事に飾った一作
これを買わないで何を買う
Watch さん [2007/04/06 掲載]
プレイ時間 クリア
50時間以上60時間未満


○まずは5点のグラフィックから。これはもう凄い。水の表現、明暗の表現、キャラクターや城下町の存在感、迫力のあるボスキャラクター・・・これぞリアルゼルダ。特に水と明暗は製作者の意気込みが感じられます。

○とにかくこのゲームはスケールが大きい。ハイラル平原は正に「時のオカリナ」の世界を現代のゲーム機で再現したような。ダンジョンもバラエティー豊かというか、1つ1つが広い。

○アクション面謎解き面はゼルダの味というか、安定感がありますね。そして新たに騎馬戦が出来る様になったのは良い。後、ただのチャンバラも今回は結構面白い。

○オカリナ、タクトときて楽器面はどうなるかと思ってたら遠吠えとは驚きました。狼2匹で遠吠えしてる姿は何か神秘的。

○ボス戦前の登場


●難易度が低い。ゼルダ=難しいという概念を持っていた僕にとっては拍子抜けな難易度でした。ダンジョンは迷うところは少なかったですし各ボスは本当に迫力だけです。一部のボスは、戦ってるというよりは単純なミニゲームをやってるだけのような解り易さ、弱さでした。・・・一部ではないかも。

●音楽で耳に残ったのはフィールド曲とオープニングだけ。

●発売前の公式のムービー等で非常に期待していた城下町ですが、殆どの人々(通行人は全員)に話しかけられないのは辛い。リアルゼルダとして、通行人に話しかけないのはありなのかも知れませんが(まあ普通話しかけませんし)、プレイヤーとしては話しかけられない通行人は本当にただの物でしかないんですよね。オカリナの不思議な髭2人とか、ああいうキャラがいなかったのは個人的に残念です。不気味と不思議は違う

●最後にラストダンジョン。もうね・・・・・・・・・・・・・・・この為に城下町でボムやら矢を買い揃えたり、妖精取りに行ったのは取り越し苦労でした。で、ボス前に宝箱あんなに置いて製作者は何がしたいんだ?と。まだ妖精ダンジョンの方が難しかった

僕はムジュラもオカリナも攻略本片手にクリアしたくちですが、ゼルダで攻略ヒントを一切見ずにクリアできたというのは自分のゼルダゲームへの成長が嬉しくもあり、逆に簡単すぎて先のストーリーが不安になりました。で、このレビューサイトを見る限り僕が成長したからって言うのは無さそうです。

悪い所も色々書きましたが、ゲームとして見て間違いなく良ゲー以上のゲームですから良い面が輝きすぎて悪い面の殆どは擦れると思います。やっぱりゼルダは謎を解いて快感を得るゲームですからね。
・・・ただしストーリーには本当に不満が残る。特に最後は感動&高揚する間も無く終わってしまった感じです。
春間 さん [2007/02/01 掲載]
プレイ時間 クリア
わからない


湖のゆらめきは特にキレイ。グラフィックはすごく良いです。
シリーズを知らないはじめての人にもとっつきやすいと思います。
難しすぎず簡単すぎず、の難易度。
廃屋、工場などダンジョンの構造も一工夫あります。
ゲームとしてこれ以上のぞむものは・・・


まず操作性の悪さ。
キーの配置がどうにも馴染めずマップ画面になったりアイテム画面になったり。
キーコンフィグがあれば良かった。
アイテムのほとんどが使い捨て。
しかもリングコマンドがごちゃごちゃして見づらい。
宝箱が意味ない。というよりルピーの宝箱が意味ない。
5ルピー以上はいちいち説明がでるのもわずらわしい。
ダンジョンでルピー満タンの時に開けてもまた戻すだけ。
開ける意味がない。
ダンジョンが広すぎてマップやコンパスも用を為さない。

結局64から変わったのは絵だけだ。

某誌のレビューでは10、10、9、9でしたがそんなもんです。
64から何も変わってないのが一番残念。
たか さん [2007/02/01 掲載]
プレイ時間 クリア
60時間以上100時間未満


・霞がかったような、重いような空気。綺麗な森
・主要な登場人物の設定が細かい
・王道の演出
・ミドナがかわいい
・犬、猫を抱っこできること。持つんじゃなくて、抱っこです。 
・エンディング
・動物になると、見えないものが見えること


・空の上のダンジョンは、前半のダンジョンのグラフィックスと比べてしまったため、拍子抜け
・わらしべイベントが欲しかった
・話をできる人間(町の人とか)が少ない。人間に個性がない。
 せめて、道行く人みんなと話がしたかった。
 時オカ、ムジュラくらいのくせのある人々だったら、なおよかった。

定価で買ってよかったと思わせてくれるゲームです。
ところどころの演出に、いちいちうっとりしてしまいました。
終わらせるのが、もったいなかったです。
Mistone さん [2007/02/01 掲載]
プレイ時間 クリア
40時間以上50時間未満


・ダンジョン
ゼルダといえばやはりギミック豊富なダンジョンでしょう。
今回もやりがいのある良い出来に仕上がっていたと思います。

・戦闘
奥義を駆使した一対一での決闘や
エポナを駆ってのスピード感ある騎馬戦は燃えました。

・ボリューム
なんといってもこのボリュームに驚きました。
アクションゲームでここまでのボリュームがあれば大満足です。


・ボリューム
良い所で挙げたボリュームですが人によっては悪い印象を与えるかも。
ライトなゲーマーや新規の方、飽きっぽい方は途中でダレてしまう恐れがあるかと。
それだけ長いゲームだと私は感じました。

・ルピー
ダンジョンに入ればわりとすぐに財布満タンのルピーが貯まってしまい、
「宝箱→ルピー→戻す」のループが何度あったことか・・・
ここは本当に残念でした。

・難易度
ダンジョンについてはあまり難易度を上げすぎると、
初心者の方に敷居が高くなってしまうのであれぐらいがベストだと思いました。
ただボス戦の難易度がちょっと低すぎるかなぁ、と。
勝ちパターンを見つけるとほぼノーダメージでクリアできるボスも少なくありませんでした。

リアル頭身のゼルダを待ちに待って
Wiiと一緒に購入しましたが(GC非所持なので)後悔は全くないです。
買ってよかったと思わせてくれる傑作でした。
ゼルダ未経験の方もプレイできると思いますし、
64ゼルダがお好きな方には是非!プレイしていただきたいですね。
てーN さん [2007/01/23 掲載]
プレイ時間 クリア
50時間以上60時間未満


まず、グラフィックがとても綺麗。特に今回ゼルダシリーズの中で一番キャラクターが魅力的に描かれていたと思います。(特にミドナがかわいくて良かった。) 
ダンジョンの数も「ムジュラの仮面」「風のタクト」より大幅に増え、エンディングまでのボリュームがあり良い感じだった。
音楽も前作までのアレンジが多かったので自分的には聞き慣れた音楽で心地良かったです。(賛否両論のようですが・・・。)
総評ですが、全体的に非常に丁寧に作られており「良くこんな細かい所まで手が行き届く物だ」と感心しました。
ゲーム的満足度は100点です(ネット専売で−10点ですが。)


やはりネット専売でしょうか。ゲームショップでは10%〜15%くらいの割引・もしくはポイントによる還元が普通であり、6800円という値段は「妻帯者子持ち」の私にとっては非常に辛かったです。

ゲームの内容に関してはすべて許容範囲ですが、あえて不満を言うなら以下の事です。
まず、お使い要素が多い所です。特に序盤の同じ森を何回も往復する所や、天空の城に行くまでの過程はちょっと疲れました。
それとアイテム数が多いのは良いのですが、個々のアイテムの使用頻度の差が多くあり、特にハンマー・虫爆弾・スピナー等などは面白いアイテムなのに使用する場面が少なく残念でした。
あと、ハイラル全体のフィールドは非常に広大なのですが、全体を細い通路で繋げてあるためブツ切れ感があり、あまり広大さを感じなかったのが惜しい所です。
また、フィールドの端々が暗い谷底ばかりなのはイマイチでした。行けないにしろ下に川が流れていたり、海が広がっていた方がフィールドに閉塞感が無く良かったと思いました。
他社製品になりますが、PS2の「ワンダと巨像」のフィールドはロード無しのシームレスで全体が繋がっており、陸の端々も緻密に描かれていて広大な雰囲気があり良かったです。

ゲームキューブのソフトは50本くらい購入しましたが、本当に楽しかったソフトはその内の10本くらいで任天堂のゲーム機としては一番満足度が低かったのですが、ゲームキューブにとって最後にして最高の「有終の美」を飾るソフトだと感じました。
シェルビーコブラ さん [2007/01/23 掲載]
プレイ時間 クリア
40時間以上50時間未満


まずはグラフィック。霧や森の描写など幻想的な雰囲気が良く出ていて
歩くだけで満足できる。エポナに乗ったときの疾走感も前作よりパワーアップして良し。
奥義が出たことで一対一の戦闘に幅が出た。
ダンジョンも一つ一つやり応えがあって楽しい。
これだけのボリュームなのにローディングがほとんどないのは素晴らしいの一言。
ミドナがかわいい


謎解きゲームの宿命なのだが、詰まるときつい。
サポートもあるし、謎解きの範囲も狭くしてあるんだけど
詰まったら30分以上右往左往するときがある。
ルピーが後半ほとんど意味を成さなくなったのがもったいなかった。
サブイベントはもうちょっとだけ欲しかった

神ゲーです。時オカの突き放した難しさが不満だったんで、今作は自分にはちょうど良い塩梅でした。
wii版はやってないのですが、それでも面白さはGC版と変わらないんじゃないかと思います。
ハードを持っているのなら是非ともプレイしておくべき一本ですね
しゅうまい さん [2006/12/26 掲載]
プレイ時間 クリア
20時間以上30時間未満


グラフィックについては文句の付けようが無いです。
よく描き込まれており非常に美しく、またキャラの表情も豊かで生き生きとしています。

刻々と変化するメインテーマ、敵との戦闘では場面に応じて曲調が変わるなど、音楽にも非常にこだわりがあるように思われます。

尻すぼみな印象を受けた風のタクトとは対照的に、こちらは最初から最後までよく練られておりボリュームがあります。
触っているだけでも楽しく、そのあたりは「さすがゼルダ!」というべきでしょう。


操作性に関してはやや難アリな印象を受けました。
アイテム画面・マップ画面・装備画面の分割、アイテムの円形配置、これらが裏目に出て非常に使いにくい。
また、アイテムの選択も2つしか出来ないために交換が面倒です。

難易度は低いです。
雑魚敵・ボスが共に弱く歯応えが無い。
また、ダンジョンでもあまり悩むような所はありません。

そして、GC版最大の欠点は処理落ちが激しい事です。
とにかく要所要所で処理落ちし、時にはフリーズするのでは…と思う程ガクガクになります。

申し分のない出来です。
とてもきめ細やかに作り込まれており、一気に遊び倒してしまうのがもったいないほど。
安心して遊べる一本です。
はなみ さん [2006/12/26 掲載]
プレイ時間 クリア
40時間以上50時間未満


・グラフィックがとても綺麗で、広大なフィールドをエポナに乗って走るだけでとても気持ち良いです。主観モードにしながら見てるだけで時間が経ってしまいました。
水も雪もとても綺麗で、トワイライト世界の雰囲気も良く、様々な世界を感じられました。
・テンポを乱さない程度に良い感じに盛り上げてくれるストーリー、演出。
演出がとにかく格好つけすぎな位かっこよく、震えました。ボス戦なんかもどれも面白く、凄い!と思わせてくれました。
・今までのゼルダだとわざわざメニューを開いてアイテムを選ぶのが面倒だったんですが、今回は十字キーですばやくアイテム一覧を開いて装備アイテムを入れ替える事ができ、快適でした。また、アイテム一覧がリング状になっていて、いくつアイテムがあるのか分からない様に工夫されています。
・今回、奥義という物があり、そのお陰で従来よりアクション性と快感度が増しています。斬るのが楽しいです。
・ダンジョンもバラエティーに富んでおり、アイテムも面白いものが色々あります。


・音楽が時のオカリナの曲ばかりで、新曲が少ない。アレンジはいいんですが物足りなかったです。
・後半がやや失速気味。前半、中盤の作りこみが凄かった分物足りなかったかな。特にラスト2つのダンジョンのアッサリさには拍子抜けしました。
・ボス戦、どれも面白いのですが、倒し方が分かるとすぐ倒せてしまうのがなんだかなぁと思います。もう少し倒し方+テクニックを要求するようなの希望です。
・アクション性はあがったのに、敵は相変わらず数回斬りつけるだけで倒せてしまう弱さ。敵からの攻撃も後半になってもライフがハート半分も減らないようなのばかりでヌルすぎました。雑魚でも一度にライフ2つくらい減るような攻撃があってもいいのではないかと。じゃないと、薬やハートの欠片の価値が・・・。
・宝箱が多すぎ+ルピーが無駄にありすぎ。もう少し宝箱の価値をあげてほしいです。開けてもルピーだとコンパスを見つけても宝箱を回収しようという気が起きなくなります。
・Zでのミドナとの会話、同じ事ばかり言うのでもう少し喋ってほしかったです。できればドラクエの仲間との会話くらい。
・狼時でのできる攻撃のパターンが少ない。人間時の方がどうみても動かしていて楽しいので、狼の必要性がなくなってます。そのせいでトワイライト世界が単調気味になってますね。
・タクトのトライフォース集め程ではないにしろ、決められた地点に行って何かを集める、するだけのお使い作業がいくつかあります。これらは本当に楽しいと思って取り入れたのでしょうか?
・ストーリー、世界観で説明不足な点が多いような気がします。詳しくは書きませんが・・・

悪い所が多い様に見えますが、良い所を書いていくとキリがないだけです。
とにかく楽しい、気持ち良い、格好良い。
ダンジョンも難しすぎず、簡単すぎず(ゼルダの中では簡単な方)ゼルダ初の人にもお勧めできると思います。
ゲームキューブ最後で一番のゲームだと思います。
takaちゃん さん [2006/12/26 掲載]
プレイ時間 クリア
50時間以上60時間未満


・戦闘
とにかく戦闘が面白い。
タクトのものをパワーアップさせたということで期待していましたが、期待以上のものになっていました。タクトの特殊攻撃に似たものが任意で繰り出せるようになっており、攻撃の幅がうんと広がりました。しかも、操作もそれほど難しくないのであまり困ることがありません。
全体的に敵の体力が低めなので、爽快感あふれる戦闘を楽しむことができます。

・絵がきれい
ただ単にポリゴン数が多いとかいうものではなく、光と影、水などの表現が非常に凝ったものになっています。全体的に霧のかかったような感じになっていて、ギザギザがあまりなく、目にやさしい気がします。

・悩ませてくれる謎解き
これはゼルダならではの楽しみだと思います。
かなり考えてからなぞ解きをクリアした喜びはこのシリーズならでは。


・BGM
今回はほかのゼルダシリーズと比べるとBGMが弱い気がします。
オカリナのアレンジのオンパレードは少しアイデアに欠けると思います。
フィールド曲ぐらいしか耳に残る曲がないとよく指摘されている通りですね。

・マンネリ化
新しい層にはかなり楽しめると思いますが、オカリナからの層にとっては「ああ、あれか」と思わせる謎解きや仕掛けが多いです。これは仕方ないことかもしれませんが。

・サブイベントの少なさ
従来のゼルダではおなじみのサブイベントですが、今回はいたって少なめ、というかほとんどありません。わらしべアイテムが好きだったんですが、そういうことも無くなっています。強いて言えばゴースト集めや黄金の虫集めがあるぐらいですが、いくら頑張ってもどちらともいいアイテムが手に入るというわけでもないのであまり面白くありません。

・GCソフトとしては珍しく処理落ちが目立つ
広いフィールドを採用したことや一度に出せる敵の数が増えたことにより、随所で動作が鈍くなることがあります。GCソフトの容量としては限界に近いものとなっているんでしょうかね…。

・ほとんどのキャラの存在感が薄い
ほとんどのゼルダシリーズでは濃いキャラがたくさんいて、ストーリーを盛り上げてくれますが、今回は薄いキャラばかりでした。ミドナ以外のキャラはただいるだけ、という感じになっているように思います。ラスボスもなぜあのキャラになっているのかと疑問に思ってしまうので、クリアしたときの「なんだかなぁ」という感じはどうしようも無いです…。

・アイテムのほとんどが使い切り
一度使った後で役に立つアイテムが非常に少なく感じられました。面白いアイテムもたくさんあったのですが、使える局面が少なく、少し残念に思います。

・通信販売限定であるということ
これは正直、かなり残念だと思いました。Wiiをアピールしたいという気持ちもわからないことでもありませんが、いくらなんでも通販限定は耐え難いものがありました。

今回は製作段階の早い時期から発表映像があって、多くのファンを熱狂させてくれましたが、延期をしていくばかりで発売される頃には最初の発表時程のGCの勢いもなく、世間はDS一色に染まっていました。
GCという不人気なハードでゼルダのような大作を消化させてしまうのももったいないということでWiiとのマルチ販売が決まったんだと思うと少し残念です。
肝心の内容もゲームとしては素晴らしいものに仕上がっているものの、時のオカリナを超えることはできていないように思います。
かなり早い段階ではありますが、次回作に期待したいです。
貝割れ大根 さん [2006/12/26 掲載]
プレイ時間 クリア
60時間以上100時間未満


・オリジナリティー
実際のオリジナリティ−という点においては、従来のシリ−ズと大差ないわけですが、ここでは「過去にない斬新なアイデア」という点において満点を付けたいです。アイテムひとつとっても様々な使い方があり、よくこんな事考え付くなと思います。

・グラフィックス
グラフィックについては、よく次世代機と比較されがちですが、私としては64の「時のオカリナ」や「ムジュラの仮面」との比較の方が大きいので、十二分な出来です。文句のつけどころは無いと思います。初めてこのゲームを見た時、リンクの衣装の細かさに驚きました。

・音楽
音楽は、まずフィ−ルドの音楽がカッコイイですよね。「時のオカリナ」以降のゼルダ特有とも言える重厚な音楽も、印象に残りました。特に、2つめのダンジョンの音楽なんかは非常に好きですね。また、「時のオカリナ」や「ムジュラの仮面」で使われていた音楽なんかも出てくるのは使いどころが上手いなぁと思いました。

・熱中度
熱中度に関しては、寄り道にハマってしまうゲ−ムなんてこれぐらいなものです。広いハイラル平原をあっちこっち走り回り、気がつけば1時間や2時間は過ぎています。ダンジョンも、時にスム−ズ、時にやきもき、このバランスが本当に絶妙なんですよね。とにかく時間を忘れてプレイしてしまいます。

・満足感
とにかくお腹一杯です。


ミニゲームが薄く感じられました。それまでのシリ−ズに比べて、正直イマイチでした。
ミニゲ−ムにおいてもかなり期待していたのですが、少々肩透かしを食らった感じです。
また、贅沢な意見ですが、お腹一杯と言いつつも、もう少し楽しませて欲しかったと言ったところでしょうか…。

クリア−するのが勿体無く感じたゲ−ムは久しぶりです。ゼルダは「時のオカリナ」から始まり、それからシリーズのほぼ全てをプレイしましたが、自分の中ではこれがシリーズ一番の出来です。よく苦言の対象となるルピーの多さですが、実際のところ募金なんかでルピーは大量に必要なので、ルピーの多さは適切に感じられました。その他、「〜を集めろ」に関しては、自分は探索が楽しかったので苦にはなりませんでしたが、これを「義務的」ととるかで評価が分かれるものと思います。

Amazonのレビューでも言いましたが、このゲーム、功を焦る方にはお勧めできません。
三五朗 さん [2006/12/26 掲載]
プレイ時間 クリア
20時間以上30時間未満


(オリジナリティー)
今までのゼルダの伝説と大体の操作は同じですが、今までに無いアイテムやミニゲームも多数あり新鮮さも感じられました。

(グラフィックス)
これはWiiもGC発売されているということもあり、GCでの最大限の綺麗さとなっているといった感じです。ですが、汚いとは感じませんでした。PSのグラフィックスと比べてはいけません。劣ります。

(音楽)
大体はゼルダの伝説シリーズで使われているものですが、何度聞いても最高です。得にボス戦などのBGMはとても合っていてGOODです。

(満足度)
シナリオが長いということもありクリアした時の満足感はかなりあります。

(快感さ)
リンクが剣でズバズバ敵を斬っていく操作は快感です。だからといって、単純なゲームではないところもGOOD!!ロード時間は無いに等しいです。


(熱中度)
ゼルダが好きな人には関係ないのですが少しシナリオが長く、「またかよ・・・」と言うところも多々あります。

(難易度)
簡単すぎ、ボス弱すぎです。ボスで死ぬことはまず無い。でも、謎解きパズルや、探しているものが見つからないなど、無駄なところが妙に難易度が高かったり・・・

ゼルダファンにはたまらない一品です。
ゼルダがはじめて、と言う人にもお勧めです。
ただ、慣れてくると簡単です。
わざわざWiiを買ってやるものではないと言っておきます。
(WiiとGCの相違点)
・リンクの利き腕がWiiだと右手、GCだと従来どうり左です。
・ダンジョン、マップ等すべてが左右逆。
・今までのゼルダにあった妖精がGCには無い。当然ロックオンは出来ます。
・操作方法、GCは今までどうりのコントローラー。Wiiはヌンチャクを振ったり、標準を合わせたり。

これ以外の違いは全くありません。グラフィックも変わらないので。
Wiiでのリンクが右利きは不自然。
RYO さん [2006/12/26 掲載]
プレイ時間 クリア
30時間以上40時間未満


グラフィック(特に水の表現)が綺麗。
それなりにボリュームがある。
町人の人数が多い。
動物に話しかけることができる。


難易度が低い。風のタクトよりも簡単でした。
Wiiの発売まで発売が遅れたこと。Wiiを売るためには当然なのかもしれませんが、ゲームキューブユーザーとしては良く思わないです。あとオンライン専売というのも…。もともとゲームキューブ用だったのに虐げられすぎです…。任天堂の愛のなさをひしひしと感じます。
ゼルダシリーズにストーリーを求めるのが間違っているのかもしれませんが、ストーリーが面白くない。
操作性が劣悪。

Wii版も発売することの影響でしょうか、今作は謎解きボス戦も簡単なので、初心者向けだと思います。
一通り遊んで面白いことは面白かったのですが、2周目をやる気がおきなかったです。
NOITS さん [2006/12/26 掲載]
プレイ時間 クリア
50時間以上60時間未満


・GCの性能を100%生かした作品だと思う。現時点においてシリーズ最高傑作といってもいいと思う。
・戦闘シーンが熱い。風のタクトではほとんど一対一の戦闘であっけないものが多かったが、今回は敵に囲まれることもしばしば。矢を打たれるとぐっと難易度が上がる。ボス戦は非常に工夫されていて楽しかった。
・ダンジョンは非常に工夫されていて攻略するのに数時間かかることもしばしば。ただ悩むことは悩むが、気がつけばなるほどと思わせる作りは絶品。初ダンジョンであのボリュームなのでゼルダ未経験者にはハードルが高いのでは?と思うほど。


・ボスが弱い。倒し方が分からないとダメージを与えられないが、避けていればボスの攻撃もこちらには当たらないので、ボス戦で死ぬことがない。ボス戦は工夫されていたと思うけど、もう少し歯ごたえがあっても良かった。
・お金の使い道がない。ストーリーの中盤から全くお金の使い道がなくなる。お金がフルになってしまうとダンジョンのルピーを取ることが出来ずにマップ上で宝箱が残り、かえって分かりづらくなっしまう。
・使わないアイテムが多い。コピーロッドやスピナーなどはほとんど使い道がなかった。アイテムとして非常におもしろい存在だったのでもう少し活用法があっても良かったと思う。逆にクローショットの頻度が多すぎる気もする。ボム袋や大きなサイフなどのアイテムも取らなくてもクリアできてしまう。
・最後はダンジョンが連続して続くので少しマンネリ感があった。

・同じものをずっと集める話ではなく、途中で集めるものが変わるところはストーリー的にもマンネリを回避する上で良かったと思う(やっていることは同じだけど)。
・宝箱が少し多すぎる気がする。その割にルピーしかない。ハートのかけらは五分割になっているが数を減らして四分割にしても良かった気がする。ダンジョン中にも用意されているが特に必要なかった気もする。
・話も個人的には満足したが、トライフォースなどの絡みが少し薄かった気もします。
・作品として十二分に満足できるレベルなので是非一度プレイすることをお勧めします。
tomoto さん [2006/12/16 掲載]
プレイ時間 クリア
30時間以上40時間未満


・ロードしてるのが全く気にならないほどのローディングの速さ。これに尽きます。
 最近のゲームはロードばっかりでうんざりしていたので、ストレス無くプレイできるっ
 てのはかなり衝撃でした。あれだけ広いエリアをロードなしで移動できることに敬意を
 表し5点としました。

・グラフィックはPS3やXBOX360までとは行きませんが、十分綺麗だと思いました。

・フィールドの音楽がカッコよい!
 メインテーマも微妙に入っていてニヤリとさせられました。


・まず一番残念なのが、時オカに比べ格段に自由度が下がったということ。
 時オカでは、いきなり広大なフィールドを序盤から自由に歩き回れ、
 「どこにでも行けそうなのに、実は行けない」という感覚がありました。
 ですが、今作ではフィールドにハッキリとした線引きというものがあります。
 それは、道を塞いでいる岩であったり、ゲートであったり、崖であったり…。
 エリアが細い道で繋がれているというのも原因の一つかもしれません
 (エリアをシームレスで繋ぐ為にある程度仕方ないかもしれませんが)。
 更には、フィールドに設置してある「飛び越せない」柵などの障害物が多々あり(ハイリ
 ア大橋のエリアからハイリア湖へ飛び込めるものだと思っていた)があり、
 フィールドの閉塞感を更に強めてしまっている。
 ゆえに、フィールドを歩いていても「広さ」「自由度」というものを(時オカに比べれ 
 ば)感じられませんでした。私は謎解きよりフィールドをブラブラ歩く方が、
 楽しみとしての比重が大きいため、全くと言っていいほど熱中できず、0点とさせていただきました。

・トワイライトの雫集めが作業的であった点。非常に面倒くさかった記憶 
 しかありません。まだスタルチュラ集めの方がマシです。

・ルピーの存在価値の無さ。時オカでも思っていたことですが、いい加減使い道を増やし
 てください。宝箱からルピー出ても全然嬉しくありません。

・フィールドの音楽ぐらいしか、全く耳に残らない。

・ダンジョンの謎解きが簡単すぎること。
 これは自分のカンが鋭くなっただけかもしれませんが…。

・通常時の釣りが物凄く操作しづらい(視点動かせない上に視界が狭い)。
 なんで釣堀の形式にしなかったのか理解に苦しむ。

自分としては「時オカの衝撃」を超えるには至りませんでした。
「フィールドの閉塞感」「記憶に残らない音楽」「謎解きの簡単さ」のお陰で
何度途中でやめようと思ったことか…これだけ熱中できないゼルダはこの作品が初めてです…。恐らくこれは私にとって時オカの衝撃が凄かったからだと思います。
それだけあのゲームは偉大でした。

…と、散々酷評しましたがアクションアドベンチャーとしては最高品質のゲームです。
ハッキリ言って、ゼルダを初めてプレイする人には刺激が強すぎるかもしれませんw
それだけゼルダというゲームは非常に完成度の高いゲームです。
興味がある人はプレイしてみることをオススメします、絶対後悔はしないと思いますよ。
とほほメール さん [2006/12/16 掲載]
プレイ時間 クリア
50時間以上60時間未満


グラフィックスはかなり綺麗です。光の陰影、水の質感など
申し分ないです。空気を感じます。
キャラクターも魅力的なものが多かったです。
任天堂は相変わらずキャラデザインがうまいと思いました。

馬に乗って広い平原を走り回る感覚が爽快でした。
ひとつひとつが広いのですが、それらがロードなしに
繋がってるので更に広く感じます。

謎解きは時間さえかければ解けてバランスがいいです。
ダンジョンの構成も達成感が大きいものになっています。

奥義によって戦闘が奥深くなりました。
ただ斬ってるだけでは倒せない敵も多いです。

オオカミに変身できる(自分がオオカミ好きだから)。
人によってはマイナスなのかもしれない。


今回フィールドの広さに比例して宝箱の数が
ものすごいことになってますが、中身の大半はお金です。
サイフが小さいうちは有り余ってしまってなんだか悲しくなります。
なにより見つけたときの嬉しさがないです。
もっとアイテムを増やすなり要素追加して
宝箱の存在意義を高めて欲しかったです。

戦闘がもう少し歯ごたえが欲しかったです。
特に中ボス、大ボスクラスはダンジョンを苦労して解いた割りに
意外とあっさり倒せてしまいます。この辺もう少し緊張感が欲しい。

サブイベントやミニゲームも存在が薄めに感じられました。

粗は目立ちますが、昔からのゼルダファンから新参者まで
幅広い層が安心して遊べる作品だと思います。
なんだかんだで終わりまで一気にやってしまいました。
まず買って損はないでしょう。
できれば攻略情報にはクリアまで手を出さずにやって欲しいです。

ただ、まだまだ改善の余地はあると思うので、
これで終わりと言わずに更なる上を目指して欲しいと思いました。
白狼 さん [2006/12/16 掲載]
プレイ時間 クリア
10時間以上20時間未満


ゼルダと言えば謎解き!今回も、悩ませてくれました。
何分も悩んでやっと先に進めた時はうれしいですね。
また、シリーズ恒例のダンジョンで得たアイテムを駆使してボスと戦うのは
燃えますね〜。ただ、ボスについては・・・下に書きます。
馬に乗って剣で戦えるのもうれしかったです。時オカ・ムジュラは弓だけでしたから。


難易度は時オカに比べるとちょっと低めですかね。
ラストダンジョンなんか特に謎解きするほどではありませんでした・・・。
ボスが少々弱かった気がしますね〜。ほとんどのボスに第一形態、第二形態とあるんですが(ラスボスは除く)、やっぱり少し弱く感じました。「妖精」は一度も使いませんでしたし・・・。時オカやムジュラの水のステージのような奴がいてもよかったんですけど。
ボスラッシュのようなものを追加してもらいたいですね。あのボスと
もう一度戦いたいというのは、結構ありますし。そのために最初から
プレイするのはちょっと・・・。
あと、Wiiの宣伝のためでしょうが、ネット販売だけっていうのが気になりましたね。

悪いとこもいろいろ書きましたが、良作なのは間違いありません。
ぜひともゼルダファンはプレイしてもらいたいですね〜。
シリーズ伝統(?)のハート3つでクリアとかやり込み要素は
まだまだありますから、しばらくは退屈せずにすみそうです
リブロー さん [2006/12/16 掲載]
プレイ時間 クリア
40時間以上50時間未満


・今までと同様、ダンジョンを攻略していくのは面白い
・トワイライト時のグラフィックが綺麗
・時オカと比べると、大分操作性が改善されてる
・ボス戦の演出
・城下町の武器屋のビフォーアフター
・奥義
・面白い新アイテムがいくつかある


・謎解きは歯応えがあるけど、敵の歯応えが無い
・少しロードが長い
・緑以外の服がダサい

やっぱりダンジョン攻略は面白い
寝る間も惜しんで熱中しました

驚きとか新鮮さはあまり無いけど、
無難にしっかりと作ってある感じです
魚類 さん [2006/12/16 掲載]
プレイ時間 クリア
40時間以上50時間未満


・美しく広大な世界
・相変わらず凝っている仕掛け・演出
・新アイテム「スピナー」
・NEWリンク


・狼パートの必要性の薄さ(後半はほぼ移動用)
・一本道感が強く、かつ構成の不明瞭な物語
・スタミナ切れの目立つ本編後半(○の宮殿なんてアッサリ過ぎてひどい)
・サブクエストの少なさ、街の住人の薄さなどを含めた箱庭世界の崩壊(これが一番痛い)
・ボス戦の難度の低さ
・ルピー地獄

長年の期待が過剰に働いた感は否めませんが、正直なところ期待外れでした。
個人的には、時のオカリナを越えるどころか並びもしていません。
開発者の方の一言、「ボリュームがある」は伊達だったのかも知れません。
あの開発期間はなんだったんだろう…と思わされました。
風のタクトの時もそうでしたが、ゼルダシリーズにおいて妥協が見られるのは非常に悲しく、残念な事です。
一言で言えば、詰めが甘い。これに尽きます。

とまあ、不満だらけですが良作には違いないです。
シリーズ未体験の方はぜひ。
SKポ さん [2006/12/16 掲載]
プレイ時間 クリア
20時間以上30時間未満


時のオカリナの流れをくみながら、さらに洗練されたグラフィックには感動しました。水の表現、空気感も素晴らしく、さすが任天堂といった所です。エポナもストレスなく動いてくれて、ワンダと巨像のようなイライラは皆無です。また今回はオカリナの時と同じ様に、服を変えられますが、その時の絵も非常に凝っていて良かったです。リンクを動かしているだけで楽しいですね。オオカミのシーンは不評が多いみたいですが、自分的には、動きもリアルで楽しいと思います。(犬を飼っているせいもありますが、、、)
風のタクトでは、後半のストーリーが強引で反感をかっていましたが、今回はその辺も改善されている様で、今のところ楽しくてしょうがありません。
リアルゼルダを待ち続けていたので、今回のゼルダには大満足です。時のオカリナが好きだったひとは間違いなくはまれるでしょう!


盾を任意で構えられなくなりました。Z注目するとオートガードになってしまった事により、キャラクターの一体感が減少し、戦術も安易になってしまった様に思います。Wiiがメインの発売だったための変更だと思います(ボタンが少ないので)がGC版は従来通りにしてほしかったです。
音楽がアレンジはされていますが、使いまわしが多く、懐かしさで良かったような、悪かったような難しいところです。

時のオカリナの世界を期待していたので、まだ全クリはしていませんが、この仕上がりには大満足です。
やはり、任天堂ブランドは信頼できるなぁとあらためて実感しました。永久保存決定ですね。
tkapejin さん [2006/12/16 掲載]
プレイ時間 クリア
30時間以上40時間未満


○奥義などを習得する事により剣の腕の成長が意外と嬉しい。
○騎馬戦やアイテムを使った戦闘によるボス戦の演出は良かった。
○ゲームとして大事な最後まで一気にプレイしてしまう
 展開は良かった。


■サブイベントが弱い。遊びとしてのアイテムがもらえる
 わけでもなく、数、難度ともあっさりしている。
■ラストダンジョンは今まで集めたアイテムを駆使して
 攻略するぐらいの難度はほしかった。え、もうラスボスって感じ。
■釣りにははまれなかった。Wii版のほうが楽しめたのだろうか?
■ハイラル平原は広いのだが広さに見合ったイベントがない。
 必要なアイテムを入手したら用済み。

見落としによる謎につまって40分ぐらい悩む辺りはゼルダだなぁと嬉しかった。
だが本編以外のサブイベントで過去の作品はかなりハマったのだが、今回はそれがなかったのが残念。
ストーリーも後半、急ピッチで一気に進むうえ、ラストダンジョンもこれといったイベントもなく、あっさりとラスボス戦〜エンディングにはもう少しゼルダの世界を楽しみたかった自分にはあっけにとられてしまった。
今思えばこれがラストダンジョンだったのかとまだ先があると思っていた。w
買いかどうかといえば買って損はないと思います。
3Dアクションゲーとしてはトップレベルの出来だと思います。
ズッキーニ さん [2006/12/09 掲載]
プレイ時間 クリア
40時間以上50時間未満


・風のタクトで大幅に下がったダンジョンの難易度がある程度上昇し、どれも完成度が高く仕上がっている。全部が全部と言うわけではないが、非常にのめり込めるダンジョンになっている。
・騎乗戦闘や奥義など、システム・操作面で追加された新要素はほぼ全てプラスに働いたと言えると思う。
・燃える戦闘、シーンがとにかく熱い。ボスがどれも弱めなのが玉に傷だが、ボス戦が今回盛り上がる。
・ダンジョン、フィールドやミニゲームは「いつものゼルダ」と言うだけで十分評価になっていると思う。ちなみに全体的にミニゲームの難易度は低め。


・せっかくの「トワイライト」をもっと上手く生かせなかっただろうか。
陰のある世界でやる事がお使いモドキとは…
風タクのトライフォース集めにも通ずる欠点かと。終盤にも似たような「〜を集めろ」系があるし、どうも悪癖になっている気がする。
・シナリオ面でもトワイライトを生かせていない。ミドナは良キャラだったが、世界は説明だけだし、敵の親玉は(笑)だし…
・こと終盤、いつものアイツが出てきてからは話の展開が強引。作りたい燃えるシーンを上手くつなぐ為の苦肉の策に感じた。いや、確かに盛り上がるけどw
・街が微妙。どこも広くなっている割に、できる事・話しかけられる人が少ない。
・釣りが時のオカリナに比べて劣化が著しい。残念。
・ルピー。財布が小さい、ダンジョン内外にルピー宝箱が多い、の癖に財布に入りきらないと宝箱にルピーを戻す。さらに、ダンジョン内にもハートのかけらがある、ルピーの使い道が少ないと言った状況が重なって、100ルピーでもゴミにしか見えてこなくなる。今回一番イライラさせられたのがルピー絡み。

良くも悪くも時のオカリナからの正統進化版といった感じ。
その分、風タク程の見た目・設定的な衝撃は薄かったが安心して遊べる。
ただ、万事につけてこちらの期待が大きすぎた感が溢れている。
また、ゲーム内に改善の余地が多く見つかってしまうのがそれに拍車をかけていると思う。

結論としては「安心して遊べる名作だが、時のオカリナの衝撃は越えられなかった」
Rek さん [2006/12/09 掲載]
【レビュー投稿】

投稿前の注意事項
レビュー投稿の前に 【レビューについて】 をよくお読みください。
・ 「任意」と記載されていない項目は、全て入力必須になります。
・ 投稿内容が掲載されるまでお時間がかかりますが、ご了承くださいませ。
基本情報
■ソフト名 ※GC版のレビューです
■名前(HN)
 「名無し」や「通りすがり」などは掲載されません。
■メールアドレス
 ※任意(不掲載時に、ご連絡致します。)
得点
1〜4点を主にご使用ください。0点と5点は特別な点数になります。
■オリジナリティー
 独自性。過去にない斬新なアイデアなど。
■グラフィックス
 画像、ムービー、キャラクターなど。
■音楽
 音楽や効果音、演出など。
■熱中度
 飽きがなくどれだけ長く遊べるか。
■満足感
 一通りプレイして面白かったか。
■快適さ
 ゲームバランスや操作性、ロード時間など。
■難易度
 全体的な難しさ。総合点には無関係。
■プレイ時間
 購入してからの総プレイ時間。
■クリアチェック
未クリア  クリア済  エンディング(スタッフロール)まで到達したかどうか。
コメント
3項目全てにご記入をお願いします。各項目最低10文字以上必須。
内容が薄いコメントや、ネタバレを含んだレビューは採用されません。
■良い所
【5点】を付けた場合、【ゲーム内容を含めた詳細な理由】の記載が【必須】になります。
どの部分で何故そう思ったのか、一言や一行でなく、出来る限りたくさんの説明をお願いします。
■悪い所
【0点】を付けた場合、【ゲーム内容を含めた詳細な理由】の記載が【必須】になります。
どの部分で何故そう思ったのか、一言や一行でなく、出来る限りたくさんの説明をお願いします。
■感想など
■GC mk2へのご意見・ご感想
 ※任意



GC mk2アクション>ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス