HOME / 戻る/ レビュー投稿

BIOHAZARD -CODE:Veronica- 完全版
発売元 カプコン
公式サイト
総合点 58点
開発元 - 難易度 3.00点
発売日 2003/08/07 プレイ人数 1人
価格 4800円 CERO 18才以上対象
ジャンル サバイバルホラー メモリーカード 6ブロック
備考 ディスク2枚組
【 Amazonレビューも参考にどうぞ 】
【項目別評価点】
オリジナリティー グラフィックス 音楽 熱中度 満足感 快適さ ストーリー
2.7点 2.3点 2.7点 3.7点 4.0点 2.3点 3.0点
プレイ時間 クリア
わからない


カメラ視点が先が見えなく、敵が居たら「ドキッ」とするところこれが僕的に最高です。
バイオシリーズにはこれが欠かせません。音楽もマッチしています。
もう一つは、自分的に武器が多いと思います。
しかも、ボウガンやAK-47等の今までにない武器まで登場です。
新しい武器が出てくると、その威力を確かめたくなって、かなり熱中しました。


操作性が悪すぎます。バイオシリーズをやったときのない人はちょっと苦労すると思います。
ストーリーもちょっと(泣)。
グラフィック・・・これもちょっと気になります。はっきり言うとバイオや0の方が良かったような気がします。
最後らへんは敵が強すぎます。ハーブが間に合わない時があります。マグナムの弾が少ないです。

まあ僕はお勧めします。対象年齢18歳以上なのでお子ちゃまはやらないようにしましょう。
はとポッポ さん [2005/08/17 掲載]
プレイ時間 クリア
00時間以上10時間未満


バイオ2、3よりは、画質が良くなったと思います。

武器のマグナムがほとんどの敵(ボス以外)が一発でたおせるなんて強すぎる!!

敵キャラが良い♯
ゾンビのリアルさが増した。中には、デブさんや作業員さんのゾンビがいて
けっこう面白い


まず、隠し要素が少なすぎます…(汗
もっと武器の数や隠しアイテムを増やして欲しい¥
隠し武器の入手の仕方が難しすぎます!!!
もっと簡単にして欲しいっス。

キャラクタ―を増やして欲しい。
それと、スティ―ブがキモイ(すみません)

恋愛シ―ンを無くして欲しい!これ絶対!!!
バイオに合いません。

《微妙…》

今回の作品は、おもしろくもなかったし、つまらなくもなかった。
もっとスト―リ―性を面白くして欲しかった。

スティ―ブを操作して、スタ―トボタンを押して、スティ―ブの顔が
おもしろかった(唇がぶあつい(笑))
モン太 さん [2005/08/01 掲載]
プレイ時間 クリア
100時間以上


【画質が良い】
少しですが画質が良くなっています。
背景や人物などがクリアに見えるようになりました。

【エンディングまでのゲーム内容が長い】
今作コードベロニカは、エンディングまでのゲーム内容が、今までのバイオシリーズの二倍近くあります。
コードベロニカの本編は、主に「クレア編」と「クリス編」の二つで構成されています。ちなみにバイオ1や2のような、最初に操作キャラを選択するとかそういうシステムではないですよ。
あくまで一本の本編の中に、クレア編とクリス編があります。
ゲームを開始すると、まずクレアを主人公とした「クレア編」がスタートしますが、このクレア編を終わらせるまでの内容が、いままでのシリーズのゲーム内容一本分近くあります。
そしてクレア編がやっと終了したかと思うと、今度はそこからさらに「クリス編」がスタートし、このクリス編もまた今までのシリーズの一本分近くあります。
つまり、わかりやすく説明しますと、バイオ1で研究所から脱出したあと、そのあとすぐにバイオ2が始まるような感じです。
ちなみに、ゲーム内容が長くなっているので当然ストーリーも必然的に長くなっています。

【武器の種類が多い】
今作は、クレア編とクリス編の二つで物語りが構成されているためか、武器の種類が多くなっています。
まずハンドガンは、クレアとクリスの初期装備で一丁ずつ、その他にキャリコという、両手でそれぞれ一丁ずつの拳銃を持つ形の武器があります(二丁で一セット)。
また、クレアとクリスのハンドガンも両方とも改造が可能です。
クレアは三連射式、クリスは全体的な性能アップです。
ちなみに、ハンドガンの三連式について「悪い所」で少し説明があります。
機関銃も、イングラムとAK47の二つが登場します。ショットガン、グレネードガンも健在、クロスボウ等も登場します。


残念ですが、悪い所が意外に多いです。

【全体的にステージが暗過ぎる】
全編通してステージが暗過ぎます。
そのため、ハーブや弾丸などのアイテムを見落としやすくなっています。
ライターを装備すれば明るくはなりますが、ライターを装備している時は銃を撃つことが出来ませんし、クレア編ではキーピックを手に入れるとライターが無くなります。
もうちょっとステージを明るくして欲しかった。

【アイテムボックスとタイムライターの存在する場所が少ない】
アイテムボックスとタイプライターの存在する場所(部屋)が少ない上に、時々行き来しずらい意地悪な場所に設置されていたりします。
そのため、行ったり来たりがちょっと多かった。

【ゲーム全体のシステムが変わっていない】
バイオ3ではプレイヤーによる弾の製作や、ムービー中の選択肢など面白いシステムがいっぱいあったのに、コードベロニカではそれが無くなっている(まぁでも3の要素を全部受け継ぐってのも問題ですけど)。
つまり、コードベロニカ独自のシステムが無いということです。
普通にアイテムを拾い、普通に敵を倒し、普通に謎を解き、ストーリーを進める。
アイテムボックスとタイプライターも今までと同じ扱い方。
バイオらしいと言えばバイオらしいのですが、新鮮さはあまり無いです。

【ハンドガンの三連射があまりに強すぎる】
改造により手に入る三連式ハンドガンは、バイオ2でも登場しました。
2でもそうでしたが、はっきり言ってハンドガンの三連射は強すぎです。
ゲームバランスが崩れてます(笑)。
ゲーム内の説明では「三連射できる」とされていますが、実際は銃弾を三発連射したあとに次の三連射が可能になるまでの時間がかなり短いため、実質上、ほとんどハンドガンの弾をずーっと連射しているような感じです。
一秒間に約六発〜九発のテンポで、ハンドガンの弾が撃てます。
もはや主人公とゾンビとの距離などは気にする必要なしです。
なにせ一秒〜二秒ほどあればゾンビを倒せてしまうのだから、距離もクソもありません(笑)。
せめて連射ではなく、単純にハンドガンの撃つテンポを少し早くするとかそうすれば良かったのに…。

【入手できるハーブの数が少ない】
バイオシリーズ通して必ず登場するハーブ。
コードベロニカでは、バイオシリーズの中で一番入手できるハーブの数が少ないです。
レッドハーブも少ない。
今までのバイオシリーズのように、ハーブをばしばし使っていると回復薬が無くなり、救急スプレーに頼るしかなくなります(救急スプレーを一度でも使うとクリア後のランクに影響する)。

【ウェスカーが、マトリックスデビューした】
コードベロニカ完全版では、ウェスカーが凄まじい動きをします。
空中高く飛んだり、オリンピック選手顔負けの速さで走ったり…など、超人になっています。
しかも目が赤く光っています(ウェスカーの顔が動くと、それに応じて目の赤い光りが残像を残して移動します)。
ちょっとバイオの雰囲気に合ってないかなと思いました。
ちなみに、バイオ4のフルモデルチェンジとはまた別ですよ。

【クロスボウがあまりに使えない】
2では中々の性能を誇ったクロスボウが、コードベロニカではナイフの次に使えない武器になってしまいました。
攻撃力はハンドガンより下、それにいくら撃ってもゾンビや敵の動きが変わらないというのが驚きです(例えばハンドガンでゾンビを撃つと、反動でゾンビの体が少しばかり弾かれますが、クロスボウはそれすらも全くありません)。
クロスボウの利点といえば、矢が沢山手に入ることと連射速度が速いということでしょうか(しかしその連射速度も、三連式ハンドガンのほうが圧倒的に上)。
「火付きボウガンの矢」というのもありますが、ここではあえて通常の矢についてレビューを書かせてもらいました。

【銃声が単調なものになっている】
前作の3のような重みのあるリアルな銃声に比べ、銃声が1や2の時のように単調なものに戻ってしまった。
特にマグナムの銃声は、ただ普通に「ドンッ」だけです。
仮にもマグナムなのですから、もうちょっと芯に響くような銃声にしてほしかったです。
前作3のマグナムの銃声は、破壊力ありますよと言わんばかりの立派なものだったのに…。

【ショットガンの破壊力が落ちた】
クロスボウほどではありませんが、それでも少々弱体化したといえるのがショットガンでしょう。
まぁ一応はそこそこ使えますが、やっぱり破壊力にかけます。
前作3のような力強いタフなショットガンはどこへ行ってしまったのでしょう…。

【やり込み要素が少な過ぎる】
やり込み要素が少ないです。
全武器無限化などの要素も消え、一周クリアしたあとの楽しみがほとんど無いです。
ただ一周目が結構時間がかかりますので、人によっては一週目で満足できるかもしれません。
セーブに必要なインクリボンも沢山手に入りますしね。

バイオの四作目にあたるコードベロニカの完全版です。
「バイオシリーズの中でも特に面白い」とよく言われるコードベロニカですが、私はバイオ3のほうが断然完成度が上だと思います。
確かにシナリオの長さとグラフィックでは、コードベロニカのほうが上です。
しかし、ゲームというものは本来何を目的としているのだろうと考えると、行き着く答えは「娯楽」です。
プレイし終えた後に、最終的に自分の心に「楽しかった」という感情がどれだけ残るかが重要です。

バイオ3は、弾薬作成やムービー中の選択肢があり、さらに全武器無限化というオマケもあります。全ての武器の弾が無限になるので、ハンドガンだけでクリアしたりショットガンだけでクリアしたり、アサルトライフルだけでクリアしたりと、色んな遊び方が出来ます。追跡者というインパクトのある敵も登場しました。
さらにバイオ3は一度クリアするたびに、過去の登場人物のエピソード等が見れ、そのエピソードが6〜8個ほどはあります。
つまり、3は「遊びの要素がぎゅっと詰まった」ものだと言えます。
コードベロニカは、「ゲーム」としてはスポンジのように完成度にまだまだ穴があるように思えます。

ここまで言いましたが、それでもコードベロニカは「面白い」です。
あくまで前作と比較した内容でしたが、アドベンチャーゲームとしては間違いなく上位にランクする出来ですし、バイオファンの方は一度はプレイされることを御勧めします。
カラムーチョ さん [2005/05/28 掲載]
【レビュー投稿】

投稿前の注意事項
レビュー投稿の前に 【レビューについて】 をよくお読みください。
・ 「任意」と記載されていない項目は、全て入力必須になります。
・ 投稿内容が掲載されるまでお時間がかかりますが、ご了承くださいませ。
基本情報
■ソフト名
■名前(HN)
 「名無し」や「通りすがり」などは掲載されません。
■メールアドレス
 ※任意(不掲載時に、ご連絡致します。)
得点
1〜4点を主にご使用ください。0点と5点は特別な点数になります。
■オリジナリティー
 独自性。過去にない斬新なアイデアなど。
■グラフィックス
 画像、ムービー、キャラクターなど。
■音楽
 音楽や効果音、演出など。
■熱中度
 飽きがなくどれだけ長く遊べるか。
■満足感
 一通りプレイして面白かったか。
■快適さ
 ゲームバランスや操作性、ロード時間など。
■ストーリー
 ストーリーやシナリオの感想。
■難易度
 全体的な難しさ。総合点には無関係。
■プレイ時間
 購入してからの総プレイ時間。
■クリアチェック
未クリア  クリア済  エンディング(スタッフロール)まで到達したかどうか。
コメント
3項目全てにご記入をお願いします。各項目最低10文字以上必須。
内容が薄いコメントや、ネタバレを含んだレビューは採用されません。
■良い所
【5点】を付けた場合、【ゲーム内容を含めた詳細な理由】の記載が【必須】になります。
どの部分で何故そう思ったのか、一言や一行でなく、出来る限りたくさんの説明をお願いします。
■悪い所
【0点】を付けた場合、【ゲーム内容を含めた詳細な理由】の記載が【必須】になります。
どの部分で何故そう思ったのか、一言や一行でなく、出来る限りたくさんの説明をお願いします。
■感想など
■GC mk2へのご意見・ご感想
 ※任意



GC mk2アドベンチャー>BIOHAZARD -CODE:Veronica- 完全版